2017.11.6

楽しく飛行させるためにも…

※国土交通省よりメールが届いておりますので、ご案内させて頂きます。

身近な位置づけになってきているドローンですが、普及すればするほど事故の可能性は上がりますが、このようなマイナスイメージは極力ないようにしたいものです。

皆様ご理解頂けていると存じますが、最悪の状況を想定した飛行を考えて頂きたいと思います。
保険に加入しているから大丈夫ということではないです。
事故が増えるたびに今後のドローンに対する規制が強化されてしまいます。

フライトを楽しんで頂きたいですし、仕事で活用するにしても更なる安全意識をもった飛行をして頂きたく思いますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーメールの内容は下記となります。ーーーーーーーーーーーー
11月4日14時5分頃、岐阜県大垣市の大垣公園内で開催中のイベントの一環として行われたドローン菓子撒きにおいて、飛行中の無人航空機がバランスを崩して落下し観客を負傷させる事故が発生しました。

本件については、今後、事故が発生した経緯や状況の詳細な調査・確認及び原因究明を進め、同種事案の再発防止を図るために必要な措置を講じていくこととしています。

特に、催し場所上空等で人又は物件の近くで無人航空機を飛行させる場合には、講ずべき安全対策の妥当性を十分に検証したうえで確実に実施していくことが重要です。

つきましては、無人航空機を飛行させる者にあっては、無人航空機の飛行に関し安全対策の十分な検証及び確実な実施を通じて安全確保に万全を期すよう、傘下会員、関係者等に周知徹底をお願いします。