整備・修理

DJI推薦修理センターのジャパンドローンセンターなら他社でも行えない複雑な修理作業も可能です。

ジャパンドローンセンターでは自社で整備工場を完備し日本で唯一DJIに認められたDJI認定推薦修理センターです。
DJIアフタサポートセンターと同様の修理サポートの対応が可能です。農業ドローンの運用で軽視されがちなメンテナンスですがDJI農業ドローンには年に1度の定期点検が義務付けられています。定期的にメンテナンスを行う事でドローンの寿命を延ばす事にも繋がります。又、他社では行えないような全損に近い激しく破損した機体でもDJI推薦修理センターであるジャパンドローンセンターなら完璧な修復修理が可能です。

「全損修理」
水没し全損に近い状態、このような状態でも修復可能です。また機体保険に加入の方でしたら、保険会社様へのお見積り提出や機体修理のご相談も承りますのでお気軽にご相談下さいませ。

「専用ソフトでの機体診断」
最新機種のT20やMG-1はパソコンでのファームウェア更新やモーターテスト様々なキャリブレーション作業が必須となります。適切な診断方法で機体が安全に飛び、お客様に最高の状態で機体をご返却いたします。

「モジュール基盤配線はんだ付け」
墜落の修理機体が発生した際には、基盤制御のプロフェッショナルが1点1点の基盤を検査し、ハンダにクラックやヒビ、異常が見られた際にはハンダ処理や基板交換を致します。

DJI 農業ドローン 定期点検

「プロペラ清掃」
DJI 農業ドローンは年に1回の定期点検がメーカーより義務付けられています。それに合わせ弊社では1年間安全に飛ばせるようにお客様から機体をお預かりし定期点検を実施しております。

「ノズル清掃」
ノズルは農薬が固着しやすく定期点検時に日常清掃以上に細かく掃除を行い綺麗な噴霧が行えるよう丁寧にブラッシング致します。ここで紹介するほかにもメーカー指定の数十点以上の検査・点検項目に基づき丁寧に作業を行いお客様に安心してDJI農業ドローンを飛ばしていただけるよう心がけております。

PAGE TOP