UTC 農業ドローン プログラム

ドローンが初めての方でも、産業用無人ヘリコプター経験者の方でも簡単にライセンスを取得する事が可能です。

UTC(Unmanned Aerial System Training Center)は、民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIによって設立されたドローンの産業パイロット教育機関です。ドローンの産業利用への関心が高まりを受け、農業や建設業界をはじめとする各産業でドローンを業務に活用する企業が増えています。UTCは、ドローン操縦者の育成と教育の標準化を実現することで、ドローンによる業務の効率化を体系的に支援することを目的とし、2016年6月より中国でスタートしました。これまでに、オンラインの学科テストと飛行の実技テストを経て、10,000人を超えるUTCから認定された操縦者が、実際にドローンを活用した業務で活躍しています。

学科教習:ドローンの基礎的な航空法からドローンの構造、農薬散布に必要な基礎知識、農薬の取り扱いなどについて農業ドローンのプロフェッショナルのインストラクターがお客様に安心して運用していただけるよう丁寧に教習致します。

実技教習:農業ドローンの運用には国土交通省の危険物輸送を物件投下の許可承認が必ず必要となります。許可の基準をクリアできるよう、UTC農業ドローン のオリジナルカリキュラムに加え航空防除の経験豊かなインストラクターが実際での圃場での飛ばし方のポイントなどを織り交ぜながら実技教習を行います。

農薬で汚れたプロペラ:農業ドローン運用の際に、どうしてもプロペラやノズルが農薬で汚れてしまします。日常清掃をしっかり行う事で農業ドローンは本来の性能を発揮します。そうした事から農業ドローンの運用時の注意点や日頃のドローンの清掃、バッテリーの運用方法など、スクールを卒業後お客様がスムーズに農業ドローンを運用していただけるよう教習を行います。

卒業後のアフタサポートやドローン専用の農薬、肥料の販売、農業関連商品の販売、様々なご提案を致します。

弊社の農業ドローンスクールでは卒業後でも初回散布の立ち合いや農薬散布の時の相談やドローンに最適な農薬の販売なども行っております。卒業後でもお客様が安心して農業ドローンを運用できる環境をご提供致しますので、運用のご相談や農薬の相談などお気軽にご連絡していただけます。

DJI農業ドローンの専門店だからこそ出来る、最新の自動飛行、果樹散布モード、圃場測量データや生育診断ドローンP4 Multispectralを利用したピンポイント散布など、他社では行えないDJI最新技術の散布方法のソリューションやご提案も行えます。

PAGE TOP